スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ
--/--/--(--)
スポンサー広告

「リコイル」って知ってますか? 重箱の隅をつつくようなボールの科学

「ゴルフボールのメカニズム」シリーズも今回で、7回目!
なんだかあまり好評じゃないのですが、私的にこのシリーズ、気に入っているので、また復活!
「今日は、スルー!!」って声が聞こえてきそうですが…
読みたくないですか?(笑)

まぁ、ボールのメカニズムを知ったところで、ボールが飛ぶようになるわけでも、止まるようになるわけでもないんですけど…
ボールってただ丸いだけじゃないってことを理解したい
っていうのがこのシリーズの狙いなんですが…

じゃ!本編に入る前に…
毎度恒例の
ポチポチタイム!

ぽちっ!ぽちっ!っと二回ばかりご協力を!

人気ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフブログ
ご協力感謝いたします!

ということで!
今回は、「リコイル」についてなんですけど…
まったく、聞いたことない言葉ですよね?
でも、この考え方が、言われるようになったのは、10年くらい前からなんですよ?
しかも、あまり現実的ではないお話なんですが…

で!その「リコイル」って何かというと…
ボールのバックスピンってなぜかかるかというと、
ご承知のとおり、
ボールがつぶれてフェイス面に接触し、摩擦力よって下方に押し下げる力が発生するためバックスピンが発生します。
ボールはフェイス面方向に回転させる力との合力の向き、強さで飛び出す。
下方への力はロフトが大きいクラブほど大きくなり、その結果ショートアイアンなどで、より多くのバックスピンが掛かる。
こんな感じでしょうか?

詳しくは、ボールのメカニズムその5、ゴルフボールが「飛んで止まる」ってなぜ?を読んでみてくださいね?

でも!じつは、このバックスピンをうち消すような動きがボールの中には、含まれているんですよ!
それが「リコイル」という現象なんですよ?

なんか、複雑っていうか、「どうでもいいや!」って気分になってきたでしょ?
ほほほ
今回のお話は、「どうでもいいや!」ってお話なのですけどね?
どうしても気になる方は、このまま読んでみてくださいね?

で!その、「リコイル」って何かを説明すると…
インパクトでボールがヘッドと接触してから飛び出すまでの動きを細かく想像してみてください!

ボールとクラブがぶつかり始めると、フェイス面方向に打ち出す力が加わる。
それとともにゴム上の物質でできているボールは変形して、一部がフェイス面に付く。
この部分のボールは摩擦力によって下方に押し下げられる。
ここまでは、想像できますよね?

実はその下方への力に対してボール内部では、その動きに対抗するような動きがあるんです。
一定限度まで下方への力が大きくなると、、ボールも内部で上方に戻る動きが起きるんですよ。
巻かれたゼンマイが元に戻るような…
伸ばされたゴムが元に戻ろうとするような…
動きが起きるんですよ。
それが、「リコイル」減少なんですよ。

あれ?
ついてきています?
もう少し簡単に説明すると、水の入ったコップをテーブルの上に置き、そのコップをよけへ滑らすと、どうなりますか?
コップは、そのまま滑りだしますよね?
では中の水は?
止まっているものが急に動くわけだから、コップの中で止まっている水は、進行方向と逆の方向にかたよってきて、下手すれば、こぼれちゃいますよね?
わかります?
これと同じ現象が、ボールの中で起きているんですよ。
止まっているボールが、急に動かされるわけだから、
コップの中の水と同じで、進行方向と逆に力が働くわけなんです。
理解できたかな?

出来ない場合は、コップに水入れて、テーブルの上滑らせてみてください!
コップを落として割らないように!

ハイ!
ここまで理解できた方は、このあちも引続き読んでみてくださいね?

ここで!
気がついたことは?
そうそう、この「リコイル」現象のせいで、バックスピンの量が、減る!
ボール止まらないじゃないか!
って想像してしまいますよね?

それは、そうなんですが、
実は、その反対で、今回は、スピンの量を減らす工夫が、出来るのではないか?
そうすれば、ウッドで飛んで、アイアンで止まる工夫ができないだろうか?
という考え方なんですよ?

納得できました?

この「リコイル」現象は、
ボールがフェイス面を離れると働かなくなるし、
ウェッジなどのように、インパクトで、ボールの中まで、あまりつぶれず、フェイスをロールアップ(つまりフェースの上を滑らせる)するようなインパクトでは起こらない。
わけで、
フェイス面に付いて固定されながら下方に力が加えられた場合に起きるのだということです。

なので!
この「リコイル」減少が、強く働くボールだと、
空中に飛び出したボールは本来のバックスピンより少ない量のバックスピンで飛び出すことになる。
一定のロフトになるとバックスピンが減るという現象がおこるのだという事になるらしいんですよ。

わかったかなぁ????
難しい?

「リコイル」の存在を確かめられるようになったのは、10年くらい前からのことらしいのですが、
ボールメーカーはずいぶん以前からこの現象に関してわかっていたみたいなんですよ。

「ロフトが一定以上多くなると、バックスピンが減る」という現象などが、ボールメーカーなどの実験で見られたそうです。
アイアンのフェイス面を粗くした方がスピンが掛かるか、つるつるにしたほうがいいか、といったことを調べるために、実験をした時にことだそうですが、
表面の状態が、ザラザラだったり、ツルツルだったり…まったく違う状態の金属のブロックを作る。
このブロックに機械でボールを打ち当てる。
それぞれのブロックを角度を変えて置き、ボールを打ち当ててみる。
これ自体は、フェース面の違いで、スピン量は変化するかの実感だったらしいのですが、表面の滑らかさの状態にかかわらず、どういうわけかボールによっては一定以上のロフト角になるとバックスピンが減ってくることが記録された。
こういった実験から、インパクトによってバックスピンが生まれる現象は摩擦力などによる単純な動きでないことが分かってきた。
インパクトの僅かな時間の間に、ボールは内部で複雑な動きをしていたのだ。
そしてその「リコイル」の結果、往々にしてショートアイアンでスピンが掛かりにくくなるボールもあるのだという。

なんとなくわかりましたか?
この「リコイル」減少をコントロールすれば、
さらに飛んで止まるボールの開発ができそうですよね?

でも、この実験って、実際にボールを打ったわけじゃなく、金属にボールを打ち当てるという全く逆の動きをする実験ですよね?
では実際に人間が打ってみるとどうなんでしょう?
ってこのと方が大切ですよね?

そこで!
人間に実打で、テストしてみました。
違う性格のボール3種類と3、5、7、9番でテストします。
データをとるにはちょうどいい感じですよね?

結局その結果は、どうだったかというと…
残念ながらたいした結果は、得られなかったという残念な結果になりました…
なぜか?
実打でのバックスピン量はちょっとしたショットの加減で大きく変わるということだった。
上からダウンブローに入ったショット、
手前から入ってフェイスが開いたショットなど…、
クラブの入り方で、同じボール、クラブでも1000回転も変わったりするので、簡単に各番手の正確なバックスピン量を調べるとはいかないのだった。

それに!
マルチストロボの画像などで見れば分かる通り、インパクトでクラブヘッドは減速する。
もっとはっきりいえば、インパクトの時、クラブヘッドは、ボールに押し戻されている。それによってヘッドの速度が一旦落ちるのであるが、
固定した金属ブロックにボールをぶつける実験では、この現象は起きない。
では、固定せず、またヘッド重量を実際のアイアンヘッド並にして、実打の時と同じような状態を作ったとしても、打ちだされたボールによって金属ブロッくは弾き飛ばされるだろう…

結局、実験室でのテストでは、ボールをぶつけるが、この動きも厳密にいえば実打とは違うわけで、
「リコイル」という現象を実感する結果やデータは、得られなかった。
ということです。

なんのこっちゃ?
なら
「リコイル」現象は、起きないってことじゃん!
と思われがちですが、
肌で感じない程度の小さな力ですが、じっさいには、起きているわけですし、
ボール開発にも、そのあたりのことは取り入れられているということです。

う?ん
結局、なんのこっちゃ!ってオチでしたが…
ここまで、気長に読んでくださった方いるだろうか???

このお話を最後まで読んで、何が言いたかったかというと、
いかにか技術がたくさん隠されたボールであっても、実際に打つのは人間なわけです。
もちろんクラブにも言えることだと思います。
スイングによっても結果は変わるわけですし、
ましてや、打つのは、無機質な実験室(試打室)ではなく、気温の変化もあれば、湿度の変化もある、
風も吹けば、雨も降る。芝にも潜るし、砂が噛むことだってしょっちゅうなわけで…
こんな条件下で、プレーするゴルフに、繊細な数値が、重要なんだろうか?
まったく無視もできないかもしれないが、
それより、ボールにしてもクラブにしても、結局のところ人間が自然の中で、プレイするということなんですよ。

機械で計った数値は、数値!
あくまでも目安でしかないんじゃないのかな?
って感じますが、いかがでしょうか?

つまらない文章を最後まで読んでくださり感謝しています。
なにか感じるものがありましたらと思います。



では!今日も!
ナイスクラブで、ナイススイング!ナイスショットを!



ゴルフボールのメカニズムのリンクを張っておきます。
お暇な時にでもお読みくださいね!
その1、ボールの歴史と進化
その2、ゴルフボールのルールについて
その3、ゴルフボールの初速と総合飛距離
その4、ゴルフボールの歴史2 糸巻きボールからツーピースボールへ
その5、ゴルフボールが「飛んで止まる」ってなぜ?
その6、ディンプルは、なぜ必要?






今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ?す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 


ゴルフボールを探すなら、楽天ゴルフ




ブログパーツ
スポンサーサイト
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ


ポチポチだけして帰ります。(笑)
by: PurpleCobra * 2008/03/30 07:51 * URL [ 編集] | UP↑

v-4コブちゃん
ポチっとありがとう!
またお願いします!
by: broncosgolf@クラブ職人 * 2008/03/30 18:48 * URL [ 編集] | UP↑

古いゴルファーの僕には今まで謎だった今時のボールのメカニズムが初めてわかりました!
びっくり!
なんでショートアイアンであれだけ止まるボールがドライバーで打ってふけ上がらないか今まで判らなかった。
Broさんすごい!!
おみそれしました・・・
by: おぢさんゴルファー * 2008/04/04 23:15 * URL [ 編集] | UP↑

v-4社長!
いやいや!私が考えたわけでもないんですけど…
ちょっとうけ売りなんですけどねぇ~
でも、ボールって不思議でしょ?
タダの丸い物体の中には、科学的理論がいっぱい詰まっているって感じで、好きなんですよ。
こういう地味なネタ…
by: broncosgolf@クラブ職人 * 2008/04/05 02:08 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

気になるサイト

訪問者数:
現在の閲覧者数:

楽天ゴルフ市場で、
お買いものしませんか?












お勧め情報




DVD、CDをオンラインでレンタルしませんか?DVD・CD オンラインレンタルのぽすれん・DMM 徹底比較!
まずは、こちらをクリック!

ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん
ぽすれん

11万タイトル突破!1枚180円からレンタル可能オンラインレンタルならDMM
DMM.com DVD&CDレンタル等の総合サイト

思い通りの動作をプログラム出来る2足歩行ロボットいりませんか?


ゴルフ場レビュー

掲載 ゴルフクラブのメカニズム

ゴルフボールのメカニズム

必見!アナログ流クラブフィッティング理論

ゴルフのコツ教えます!

初心者・中級者の方、必見!我流ゴルフのコツ教えます!

アドレスのコツ
アドレス時の目標設定のコツ
パットのコツ
パットのコツは、アドレスにあり
練習なしでパットが上手なるコツ
練習のコツ
簡単にできるスイングチェック法
ヤード表示板に騙されるな

ゴルフの歴史

ゴルフこぼれ話

ゴルフに役立つアイテム

掲載 ルール一覧

掲載した規則の一覧です。
掲載規則一覧


2008年規則主要な変更点です。
08年規則主要な変更点

ゴルフクラブ
SLEルール
ドライバーのフェース
クラブのアライメントその1
シャフトのデザイン
クラブフェース
ゴルフボールのルール

全般
アドバイス
動いたとみなされる球
ルースインペディメント
プレース
リプレース
グリップにハンカチを巻きつけた
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
プレイ中クラブの補充ってできる?
アマチュア資格規則

ティーグラウンド
ティーインググラウンド
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
同伴者にハザードの位置を聞く
ティーの長さって決まりがあるの?
暫定球のルールいろいろ

フェアウェイ
ロストボールになってしまったら
ボールが誰のか確認できない
打った球が別の球にあたった
打った球が共用のカートにあたったら?
打った球が共用のカートに載ったら?
打った球が共用のカートあたってからキャディーにあったたら?
打った球が同伴競技者の動かしている共用カートにあたっら?

ラフ
球が地面にめり込んだ

バンカー
バンカー内にクラブを置いた
バンカーレーキの置き場所
バンカーレーキのトラブル

ウォーターハザード
生えていた草にクラブが触れた

グリーン
旗竿に関するルール
旗竿に関するケーススタディー
「私の足をねらってください。」これって違反?
ボールマーカーって何でもいいの?
カミロ・ビジェガスの決めポーズ

ゴルファーズコミュニティー

ゴルファーがゴルフファーによるゴルファーのためのコミュニティー開設!
参加者募集!みなさんぜひ参加してくださいね!
ゴルフクラブやルール、ゴルフ場のレビューやゴルフの面白エピソードなどなど、質問、ご意見、独り言、などなど!どんどん書き込みお願いします!
ゴルフ!ゴルフ!ゴルフ!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。