スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ
--/--/--(--)
スポンサー広告

?球聖とよばれた男? ボビー・ジョーンズ

球聖とよばれた男、ボビー・ジョーンズゴルファーなら、球聖・ボビー・ジョーンズという名前は、知っているでしょう?
えっ?知らない?まじ?
ということで、今回は、球聖とよばれた男、ボビー・ジョーンズのお話…
今回も長いよう??
記事を読みたくない人は、動画だけでも観てください。
7本くらい見れますからお暇な時にでも…
感動しますよぅ!
で!興味が出たらDVDで映画を観てください!
こちらは、映画ですから…ちょっと美化せれてますが…


ということで!気合い入れて!本編スタート!

本名:ロバート・タイアー・“ボビー”ジョーンズ・ジュニア(Robert Tyre "Bobby" Jones, Jr.)
野球、ゴルフの好きな弁護士を父に、1902年3月17日アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市生まれ。
本業は、弁護士で、生涯、アマチュアを貫いたことでも有名である。
全米オープン4回、全英オープン3回、全米アマ5回、全英アマ1回、通算でメジャー・タイトルを13勝

ゴルフとの出会いは、5歳のころ。
使い古したクリークを短く切って空地で遊んだのが始まりと言われている。
6歳の時、父親のコースの家族慰安会で初優勝。
9歳で、アトランタ・アスレチッククラブのジュニア選手権で16歳の相手を破った。
14歳でなんと全米アマに出場。
17歳から全米オープンに参加していた。
18歳で8位
19歳で5位と、プロを凌駕する存在であった。

ジョージア工芸大学卒業後、ハーバード大学に進んで弁護士になる勉強をしていた。

20歳、1922年スコーキーカントリークラブで行われた全米オープンでジーン・サラゼンとホテルのルームメイトとして、1週間過ごした。
当時、全米オープンといっても、この年にやっと参加者が323人になったくらいであった。
ジョーンズはサラゼンに1ストローク及ばず2位となった。
この1週間がきっかけで、サラゼンとの交遊関係が始まった。
当時彼は、スチュワード・メイドンという有名なインストラクターと旅をしてスイングチェックをしていた。
まじめで折り目正しい性格で、大のパーティ嫌いで、スコアカードを出したらクラブハウスにも寄らずに、すぐ帰ってしまう。パーティより練習好きだったのだろう。

21歳で全米オープン優勝
22歳で全米アマ優勝
23歳、1925年の全英オープンで、あるホールで彼は、第1打をラフに入れてしまった。そこから打って2パットのパー。
グリーン周りにいたオフィシャルが、「ミスター・ジョーンズ。フォー(4)」とアナウンスした。
その時、彼は自らこう言った。
「いや、違うんだ。アドレスした時にラフにあったボールがほんの少し動いてしまった。従って私は“5”だよ」
そう申告し、結局291ストロークとなった。ウィリー・マクファーレンとタイのスコアであった。
そして、この自己申告の“1打”のために決着がつかずにプレーオフ。
しかも、そのプレーオフは、翌日1ラウンドでも決まらず2ラウンドまで長引いてしまったのである。
そこでもジョーンズは、148でマクファーレンの147に1打及ばずに2位となったのである。
自分に対して厳しくした上での勝利こそ、真の勝利と思っていたのである。

25歳で全英、全米、両オープンを制した。
28歳、1930年のとき、当時の世界4大タイトルの全米アマ、全英アマ、全米オープン及び全英オープンに優勝し、アマチュアとしては空前絶後の大記録、年間グランドスラムを達成した。
グランドスラマーと呼ばれる名選手は、いるが、年間グランドスラムという栄冠は、彼だけである…
同年、全米アマチュア最高の賞である第1回ジェームスサリバン賞を受賞し、惜しまれつつ競技生活から引退した。

「引退の原因は大きめのテークバック!」とサラゼンは言う。
彼のゴルフの中で最もすばらしかったのは何といってもロングゲームたろう。
特に3番ウッドとドライビングアイアンに関してはかなわないとさえ思った。
とは言っても、それ以下のクラブ、5、6番アイアンはお世辞にもうまいとは言えなかった。
ところが彼にはもう1つの切り札があった。それがグリーン付近のゲームである。
この卓越したセンスの良さはたいへんなものだった。アプローチがカップの10センチくらいの所に寄ることは、彼にとっては朝めし前だったし、勿論パターもすばらしかった。
特にセントアンドリュースで沈めたパターはなんと30メートルもあったのだから。
しかし、パットがうまいのとは逆に、後のパッティングストロークというのは決して絶品というものではなかった。
というのは、彼は非常に大きなテークバックをしてパッティングストロークをしていたからだ。
テークバックが大きすぎると、インパクトの瞬間に、微妙な加減をしなければならない。
いわば感覚のシャープな若いうちだけの打ち方だ。
それに、スイングが大きくなればなるほど、タイミングをつかむのがむずかしくなる。
パットよりドライバーの方がタイミングがバラつきやすいのと同じ。
ジョーンズも、選手生活の晩年は、グリーン上でしばしば苦しんでいた。
テークバックのスタートを切るタイミングがなかなかつかめなかったのだ。
パットの名手は、すべてテークバックが“必要最小限”の大きさ、つまり小さいテークバックをしている。
テークバックが小さければ、インパクトで加減することもなく、常に同じリズムでしっかり打てる。
それで届かなければテークバックを大きくすればいい。
こんな打ち方なら、感覚のシャープさが失われる中年以降になっても打てる。
「パットの名手でテークバックの大きい人はいない」
これは私が60年間、世界中のプレーヤーを見てきて得た結論だが、日本の青木も米国のワトソンもテークバックは小さい。
現役プレーヤーに限らず、昔の選手でも、例えばウオルター・へーゲンにしても非常に小さいテークバックをしていた。
事実へーゲンは死ぬまでパッティングはすばらしいものを持っていた。
この小さなバックスイングということに関して言えば、単にパットだけでなく、ショートゲームにも言える。
うまい人は必ずバックスイングが小さくてしっかりと打つストロークをしているのだ。
ジョーンズのミスパットはボールに近く立ち過ぎた時に多かった。
彼は大きなバックスイングに対してある程度危険度を感じていたのは事実だ。 
だからジョーンズのパッティングは、参考にするということに関して言えば、あまりおすすめできない。
確かに彼もそう言っていたのを覚えている。
勿論彼のすばらしいところはそれをカバーするだけのリズムや、精神力、集中力を十分に兼ねそなえていたところにある。 
しかし彼ほど優れたゴルファーであっても、いや、だからこそかもしれないが、年齢も、肉体的な衰えというのに自分自身が許せなかったのであろう。
後は28歳という若さで引退していってしまったのだが、おそらくこのパッティングストロークを変えていたら、もっと長く選手として活躍し続けることができたかもしれない。


彼の偉大な遺産 それは“マスターズ”
1930年に引退した彼は、ジョージア州オーガスタに、自分の理想のゴルフクラブを造ったのである。
それが現在のオーガスタ・ナショナルゴルフクラブのコース“マスターズ”になっているのだ。
当初は三級品という評価であった。
それ以降に大きくは12回ぐらい改造していまの一級品になっている。

ジョーンズの没後、1974年に世界ゴルフ殿堂が設立された。ジョーンズは最初に殿堂入りした名選手のひとりに数えられる。
1971年12月18日没多くの人に慕われ69歳で逝去。

ボビー・ジョーンズの有名な言葉に『オールド・マン・パー』という言葉がある
「パーおじさんと仲良くなる」と彼は言う。これに気づいたことで、彼のゴルフは開眼したといわれている。
「ゴルフは、誰かに対してプレーするものではなく、何かに対してするものであるということに気づかなかったら、わたしはメジャー選手権に勝つことなどなかったろう。そういっても決して間違いではないと思う。
何かというのはパーのことだが、そのことを学ぶまでには長い時間がかかって、ずいぶん悩んだものだ。
思うに、これが目に見えない敵、スコア・カードと鉛筆とで表される、何か形のないものを相手にプレーした最初であった。いかなる敵よりも手強い相手――オールドマン・パーである……」と彼は、言う。
なんか妙に心に残る言葉である…

この記事を作るために、たくさんのサイトから記事を引用、参考にさせていただいたことを深くお詫びします。これは、ボビー・ジョーンズを愛し尊敬するためがことであります。なにとぞご理解のほどお願い申しあげます。


球聖 ボビー・ジョーンズの貴重な動画です。
7本くらいありますのでお楽しみください。



ボビー・ジョーンズの映画DVDがレンタルできます。
監督:ローディ・ヘリントン
出演者:ジム・カヴィーゼル、 クレア・フォラーニ、 ジェレミー・ノーサム、 マルコム・マクダウェル
収録時間:129分
レンタル開始日:2005-04-02

Story
史上初のグランドスラムを達成した伝説のゴルファー、ボビー・ジョーンズの生涯を『パッション』のジム・カヴィーゼルを主演に迎えて贈る感動の実話ドラマ。抜群のゴルフセンスで数々の名誉を欲しいままにしていたボビーに、ある日病魔が襲い掛かる。 (詳細はこちら



ナイススイングでランキングにナイスショットのご協力を!

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ  
 


ブログパーツ
スポンサーサイト
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ

すばらしい!!
ボビー・ジョーンズの流れるようなスイング!すばらしい!!
練習しなければv-91無理かな~
by: lupin * 2007/11/13 00:26 * URL [ 編集] | UP↑
私はサラゼンが好き。。
なぜでしょうねー。
ゴルフにハマると必ず過去の偉大なプレーヤーに憧れちゃいますよねー。

私はジーンサラゼン、ゲーリープレーヤーが好きなんです。
共通点はご存知のようにサンドウィッチ。
ジーンサラゼンはサンドウィッチをはじめて使ったので有名ですし、ゲーリーのバンカーショットは世界一だと私は思っています。

ボビーが作ったマスターズ。
どうやったらメンバーになれるかご存知でしょうか?もちろん、マスターズで優勝すればメンバーになれますよね!(笑)
それともうひとつ。
メンバーさん達から「NICE GUY!」
と認められればメンバーになれるってご存知でしたか?(笑)
うそのような本当の話だそうです。。

ボビーのスイングは時の流れを忘れてしまいそうな程見事ですね。
私程度がコメント出来る立場じゃないんですけどね。。

ちなみに、私のスイングはベンホーガン系です。
ボビーはテイクバックで左足を浮かせますが、私は浮かせられないんです。浮かせてもなんかタイミングが合わないし、球も勢いがない感じがするんですよ。。まあ、私のティーチングプロから教えてもらったのがベンホーガンスイングだっただけかもしれませんね。。

ベンホーガン・・・。
あったま硬そうな男だなー・・・。
by: PurpleCobra * 2007/11/13 05:04 * URL [ 編集] | UP↑

コメントありがとうございます。

ルパンさん
そうですよね~
さすがに現代のスイングとは少し違いますが…
無駄のない効率的なスイングは、素晴らしいですよね~

コブちゃん
サラゼンファンですかぁ~
SWは彼の発明となってますよねぇ~
ベンホーガン社のクラブには、ウエッヂというクラブはなかったのもこのあたりの名残なんでしょうね~
今はどうか知りませんが…
ちなみに私は、ジャックニクラウスが好きです。
日本のゴルファーなら橘田規プロです。
先生には若いころいろいろと教えていただきました…
by: broncosgolf@クラブ職人 * 2007/11/13 14:26 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは!ボビージョーンズ?知らなかったです。全部読みました!動画も見ました!今のスウィングと違いますね…、ゴルフの歴史を感じました!!
by: tonchan * 2007/11/14 23:09 * URL [ 編集] | UP↑

tonchanさん
コメント書き込みありがとうございます。
でしょ?でしょ?
ゴルフの歴史って結構面白いんですよ~
といっても観たわけでもなく、経験したわけでもないんですが…
これからもゴルフヒストリーシリーズ増やしていこうと思ってます!
次はだれに、しようかなぁ~
by: broncosgolf@クラブ職人 * 2007/11/15 02:03 * URL [ 編集] | UP↑
ゴルフヒストリー!
ゴルフヒストリーは名案かもしれませんねー!!
コメントも盛り上がりそうですしねー!!

私の希望はそうだな~。。
古いゴルファーは活字で読んだことあるんで、個人な希望ならばグレッグノーマンについて詳しく知りたいですねー。もっと古い人ならば、ジャックニクラウス、アーノルド・パーマーなんてのもいいですねー。

楽しみにしてますよー。
by: PurpleCobra * 2007/11/15 13:14 * URL [ 編集] | UP↑

こぶちゃんコメントありがとう
次回のゴルフヒストリーは、何にしようかなぁ~
ちょっと考え中
あまりメジャーなのもつまらないし…
こうご期待!ってことで…
by: broncosgolf@クラブ職人 * 2007/11/16 15:17 * URL [ 編集] | UP↑

そっかそっか。。内緒ですね。。

中部銀次郎でしたっけ?
名前合ってるかなー?
アマチィアつながりでいいかもしれませんなー!(ニヤリ)

by: PurpleCobra * 2007/11/17 12:18 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

気になるサイト

訪問者数:
現在の閲覧者数:

楽天ゴルフ市場で、
お買いものしませんか?












お勧め情報




DVD、CDをオンラインでレンタルしませんか?DVD・CD オンラインレンタルのぽすれん・DMM 徹底比較!
まずは、こちらをクリック!

ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん
ぽすれん

11万タイトル突破!1枚180円からレンタル可能オンラインレンタルならDMM
DMM.com DVD&CDレンタル等の総合サイト

思い通りの動作をプログラム出来る2足歩行ロボットいりませんか?


ゴルフ場レビュー

掲載 ゴルフクラブのメカニズム

ゴルフボールのメカニズム

必見!アナログ流クラブフィッティング理論

ゴルフのコツ教えます!

初心者・中級者の方、必見!我流ゴルフのコツ教えます!

アドレスのコツ
アドレス時の目標設定のコツ
パットのコツ
パットのコツは、アドレスにあり
練習なしでパットが上手なるコツ
練習のコツ
簡単にできるスイングチェック法
ヤード表示板に騙されるな

ゴルフの歴史

ゴルフこぼれ話

ゴルフに役立つアイテム

掲載 ルール一覧

掲載した規則の一覧です。
掲載規則一覧


2008年規則主要な変更点です。
08年規則主要な変更点

ゴルフクラブ
SLEルール
ドライバーのフェース
クラブのアライメントその1
シャフトのデザイン
クラブフェース
ゴルフボールのルール

全般
アドバイス
動いたとみなされる球
ルースインペディメント
プレース
リプレース
グリップにハンカチを巻きつけた
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
プレイ中クラブの補充ってできる?
アマチュア資格規則

ティーグラウンド
ティーインググラウンド
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
同伴者にハザードの位置を聞く
ティーの長さって決まりがあるの?
暫定球のルールいろいろ

フェアウェイ
ロストボールになってしまったら
ボールが誰のか確認できない
打った球が別の球にあたった
打った球が共用のカートにあたったら?
打った球が共用のカートに載ったら?
打った球が共用のカートあたってからキャディーにあったたら?
打った球が同伴競技者の動かしている共用カートにあたっら?

ラフ
球が地面にめり込んだ

バンカー
バンカー内にクラブを置いた
バンカーレーキの置き場所
バンカーレーキのトラブル

ウォーターハザード
生えていた草にクラブが触れた

グリーン
旗竿に関するルール
旗竿に関するケーススタディー
「私の足をねらってください。」これって違反?
ボールマーカーって何でもいいの?
カミロ・ビジェガスの決めポーズ

ゴルファーズコミュニティー

ゴルファーがゴルフファーによるゴルファーのためのコミュニティー開設!
参加者募集!みなさんぜひ参加してくださいね!
ゴルフクラブやルール、ゴルフ場のレビューやゴルフの面白エピソードなどなど、質問、ご意見、独り言、などなど!どんどん書き込みお願いします!
ゴルフ!ゴルフ!ゴルフ!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。