スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ
--/--/--(--)
スポンサー広告

ゴルフクラブのアライメントって知っていますか? その1

ゴルフクラブのアライメントって知っていますか?
ゴルフ規則(ルール)でも制限がされています。

まぁ!あまり この規則を違反することもなさそうなので、地味な部分ではありますが…
でも!これって結構、ゴルフクラブにとっては、重要なことなんですよ?
う?ん

私のアナログ流クラブフィッティングの中では、最重要項目といってもいいんじゃないかなぁ?
たぶん…

ん?
そもそも
アライメントって何かって?

う?ん
英語で書くと「alignment」
「整列、配列、線列」って感じの意味でしょうか?

車が、趣味の人なら、タイヤの「4輪ホイールアライメント調整」っていいますよね?
タイヤの向きを整える調整っていこでしょうか?
「骨格のアライメント」なんてのもあるんですね?
O脚やX脚、偏平足などのような骨形態のねじれの事みたいですね?

んで!肝心な、「ゴルフクラブのアライメント」とは?
まあ、この二つと同じようなもので、
ヘッドに対してシャフトの入り方ってことなんです。

ヘッドに対して、どんな角度で、シャフトが装着されているかってことなんですが…
これってすごく重要なんですけど、ヘッドにシャフトが装着されているのはごく自然なことなだけにあまり重要視されていないのも事実ですよね?

規則では、数値で表現されていますが、これを数値にするのは、すごく難しいんじゃないかなぁ?
仮に数値化できたとしてもその数値が、正しいかどうなのかっていうのは、すごく判断しにくいんですけどねぇ?
そのあたりの数値にあらわせない「クラブヘッドのアライメント」のお話を記事にしたいと思います。

まずは、ゴルフ規則をみてみましょう!!

付属規則? クラブのデザイン
1 クラブ
1 d アラインメント
 通常のアドレスポジションをとってクラブを置いたときに、シャフトは次のようになるように整えられなければならない。

(i)トーとヒールを貫く鉛直面へのシャフトの真っ直ぐな部分の投影は、その鉛直線に対し10度以上なければならない(こちらの図?を参照してください。)。
クラブの全般的なデザインが、プレーヤーがそのクラブを垂直に、あるいは垂直に近い位置で効果的に使用できるようなものである場合、シャフトの真っ直ぐな部分の投影はその鉛直線に対し25度はあることが求められることがある。

(ii)意図するプレーの線に沿った鉛直面へのシャフトの真っ直ぐな部分の投影は、鉛直線に対し前方に20度以下、後方に10度以下でなければならない。(こちらの図?を参照してください。)
 パターを除き、クラブのすべてのヒール部分は、シャフトの真っ直ぐな部分の軸線と意図するプレーの線(水平方向)を含む面から0.625インチ(15.88ミリメートル)以内に収まらなければならない。(こちらの図?を参照してください。)



ということで、ちょっと規則の言葉では、ややこしいので、ちょっと説明です。

1 d アラインメント
 通常のアドレスポジションをとってクラブを置いたときに、シャフトは次のようになるように整えられなければならない。

この部分は、読んで字のごとくですよね?
アライメントとは、なに?
ってことです。

アドレスした時、ヘッドとシャフトの関係(←これがアライメントです。)は、こうじゃなくては、いけないですよ?
ってことですよね?
説明は不必要ですよね?といいたいところなんですけど…

「通常のアドレスポジションをとってクラブを置いたとき…」
これ!
一見明快な表現に思えますが、めっちゃめちゃ曖昧な表現ですよね?
アドレスなんて千差万別なわけですし、何を起点にしていいのかわからないですよね?
そう思いませんか?
このあたりは、あとからじっくり説明したいと思います。

では、次!
(i)トーとヒールを貫く鉛直面へのシャフトの真っ直ぐな部分の投影は、その鉛直線に対し10度以上なければならない(こちらの図?を参照してください。)。
クラブの全般的なデザインが、プレーヤーがそのクラブを垂直に、あるいは垂直に近い位置で効果的に使用できるようなものである場合、シャフトの真っ直ぐな部分の投影はその鉛直線に対し25度はあることが求められることがある。


(i)は、
こちらの図?)を参照にしていただくと一番分かりやすいと思います。
ライ角度にもルールがあったってことなんですが、まぁこれを違反するとなると…
かなりアップライトなパターってことになるでしょうね?
長尺パター作成には、要注意って感じでしょうか?

まぁこれは、たいして問題には、ならないと思います。
で!実は、今回のメインは、(i)ではなくって、次の(ii)なんですよ。

ということで!
やっと、今回のお話の本題に入りますね!
いつもながら、前置き長すぎちゃったかな?

では!毎度恒例の ポチポチタイム!
ぽちっ!ぽちっ!っと二回ばかりご協力を!

人気ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフブログ

ご協力感謝いたします!
では、本編です。

まずは、規則をみてみましょう!
(ii)意図するプレーの線に沿った鉛直面へのシャフトの真っ直ぐな部分の投影は、鉛直線に対し前方に20度以下、後方に10度以下でなければならない。(こちらの図?を参照してください。)
 パターを除き、クラブのすべてのヒール部分は、シャフトの真っ直ぐな部分の軸線と意図するプレーの線(水平方向)を含む面から0.625インチ(15.88ミリメートル)以内に収まらなければならない。(こちらの図?を参照してください。)


これも、図?と?をみてくださいね?
その方が、わかりやすいです。

お話が前後しますが、まずは、図?の方からいきますね?

この規則のルーツは、詳しくは、知らないですが、かなり昔からあります。
っていうか、今回の規則って大昔からほとんど変わっていないんじゃないのかなぁ?
ただ!このルール最近になって、ルールギリギリに作るのが、飛距離アップにつながるとされてきたんですよねぇ?

まわりくどく、説明しますので、読むの面倒な方は、飛ばしちゃってくださいね?
ただのウンチクみたいなものですから…

ヘッドに鉛を貼って、スライス防止にしたり、フック防止にしたり…
よく、お客様に聞かれるんですよ。
「スライス防止にはヘッドのどこに鉛を張るといいのか?」みたいなことを…
前にも一度どこかで書きましたが、
鉛の量にもよりますが、バランスを少し変える程度の鉛を貼りつける程度では、ほとんど、球筋には影響ありません。
ロボットテストなどでも実証されていますので、かなり信頼できるデータだと思っています。
ただ、当然ながらヘッドバランスが変わりますし、貼る位置によっては、打感も変わります。
その結果、球筋にも影響がでたと感じるのでは、ないでしょうか?

まぁそれは、おいておいて、
なぜこの話をするかというと、
昔から、ヘッドのトゥ側に鉛を貼るもしくは、重くするとスライス防止になり、逆にヒール側を重たくすると、フック防止になるとされてきました。
が!近年!その説を覆す理論がでてきたんですよね?

出どころは、わかりませんが、長年、トゥ側スライス、ヒール側フックという定説と全く逆で、
スライス防止には、ヒール側(ネック側)を重くする。
フック防止には、トゥ側を重くするというものです。

ちょっと想像してみてください!
ゴルフクラブを普通に振れば、ヘッドの重さを感じますよね?
そのためヘッドの重さで、シャフトがしなりますよね?
では逆にヘッド側を持って、クラブを振ってみてください。
グリップの重みしかないクラブは、軽くてシャフトはしなりませんが、早く振ることができますよね?
これをヘッドのトゥとヒールに見立てると…

そう!もうわかりましたよね?
定説だったスライス防止のように、トゥ側に鉛を貼った場合、
トゥ側が、重くなりクラブを普通に振ったのと同じ効果が出るわけで、ヘッドは帰りにくくなる。
逆にヒール側に鉛を貼った場合、
ヘッド側を持ってスイングしたのと同じで、トゥ側が軽くなりかえりやすくなる。

ということ、今までの定説を覆す理論が出てきたわけなんですよ。
こんな説明でわかったかな?

ただ!最初に書きましたように、鉛を貼った程度の重さが加わっても、ほとんど球筋には、影響ないと思いますよ。
影響を与えるくらい、ヘッドの重量配分を変えようと思うとそうとうな、重さを差し引きしなければ変わらないと思いますよ?

それと!私的には、どちらの説が正しいかといわれますと…
どっちだろ?
っていうのが、本当のところでしょうか?
番手にもよるでしょうし、使い道によっても違うような気もしますし…
古いクラブと最新のクラブによっても違う気がしますし…
プレーヤーのスイングや技量によっても違う気がします。
ただ、後者の説の方が、有力だと思いますが…

話は長くなりましたが、
この説を近年クラブに取り入れ、スライス防止どころか、クラブヘッド自体をかえりやすくして、ドローボールを打たそうとするヘッドの登場です!
もう一度、図?をみてください。
最近のクラブっていっても2?3年くらい前までのクラブに多いのですが、ヒール側つまりネック側がプックリ出ているクラブ目につきませんか?
それとこの図のようにクラブ正面から見てください。
フェースが、クラブの真ん中よりヒールよりになっていませんか?
トゥからヒールまでの中心よりフェースの真ん中が、ヒールよりに設定されてませんか?
これは、ヘッドをかえりやすくしてドローボールが、ナチュラルに打てるように設計されたくらぶなんですよ。

実際に、こういうタイプのクラブを使って、ドローボールになり飛距離が飛躍的に伸びた方もいらっしゃると思います。
もちろん、このタイプは、合う人は、飛躍的に飛距離を伸ばすことができましたが、合わない人は、どう頑張っても全然使えない代物だったりしました。
現在は、以前ほどの極端なヒールよりフェースは、なくなりつつありますが、ネック裏にふくらみをもたせ、そこに重量を持ってくるという設計のクラブは、まだ多いようです。

図?をみてわかるとおり、これにもルールがありまして、15.88mmを超えてはならないのですが…
なんだか怪しそうなのいっぱいありますよね?

しかし、このルールっていつ何のためにできたのでしょうか?
クラブが、現在のような進化を遂げるのが、わかっていたかの如くのルールですよね?

あぁ?
なんだか脱線ばかりで、すごく長くなってしまいました…
メインにとっておいた、図?のことなのですが…
長くなったので、次回にすることにします…

「クラブのアライメントって知ってますか?その2」へ続く…



では!今日も!
ナイスクラブで、ナイススイング!ナイスショットを!


最近ゴルフを始めた女性に大人気!
あなたも使ってみませんか?
コースで目立つこと間違いなしですよ!






スポンサーサイト
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

気になるサイト

訪問者数:
現在の閲覧者数:

楽天ゴルフ市場で、
お買いものしませんか?












お勧め情報




DVD、CDをオンラインでレンタルしませんか?DVD・CD オンラインレンタルのぽすれん・DMM 徹底比較!
まずは、こちらをクリック!

ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん
ぽすれん

11万タイトル突破!1枚180円からレンタル可能オンラインレンタルならDMM
DMM.com DVD&CDレンタル等の総合サイト

思い通りの動作をプログラム出来る2足歩行ロボットいりませんか?


ゴルフ場レビュー

掲載 ゴルフクラブのメカニズム

ゴルフボールのメカニズム

必見!アナログ流クラブフィッティング理論

ゴルフのコツ教えます!

初心者・中級者の方、必見!我流ゴルフのコツ教えます!

アドレスのコツ
アドレス時の目標設定のコツ
パットのコツ
パットのコツは、アドレスにあり
練習なしでパットが上手なるコツ
練習のコツ
簡単にできるスイングチェック法
ヤード表示板に騙されるな

ゴルフの歴史

ゴルフこぼれ話

ゴルフに役立つアイテム

掲載 ルール一覧

掲載した規則の一覧です。
掲載規則一覧


2008年規則主要な変更点です。
08年規則主要な変更点

ゴルフクラブ
SLEルール
ドライバーのフェース
クラブのアライメントその1
シャフトのデザイン
クラブフェース
ゴルフボールのルール

全般
アドバイス
動いたとみなされる球
ルースインペディメント
プレース
リプレース
グリップにハンカチを巻きつけた
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
プレイ中クラブの補充ってできる?
アマチュア資格規則

ティーグラウンド
ティーインググラウンド
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
同伴者にハザードの位置を聞く
ティーの長さって決まりがあるの?
暫定球のルールいろいろ

フェアウェイ
ロストボールになってしまったら
ボールが誰のか確認できない
打った球が別の球にあたった
打った球が共用のカートにあたったら?
打った球が共用のカートに載ったら?
打った球が共用のカートあたってからキャディーにあったたら?
打った球が同伴競技者の動かしている共用カートにあたっら?

ラフ
球が地面にめり込んだ

バンカー
バンカー内にクラブを置いた
バンカーレーキの置き場所
バンカーレーキのトラブル

ウォーターハザード
生えていた草にクラブが触れた

グリーン
旗竿に関するルール
旗竿に関するケーススタディー
「私の足をねらってください。」これって違反?
ボールマーカーって何でもいいの?
カミロ・ビジェガスの決めポーズ

ゴルファーズコミュニティー

ゴルファーがゴルフファーによるゴルファーのためのコミュニティー開設!
参加者募集!みなさんぜひ参加してくださいね!
ゴルフクラブやルール、ゴルフ場のレビューやゴルフの面白エピソードなどなど、質問、ご意見、独り言、などなど!どんどん書き込みお願いします!
ゴルフ!ゴルフ!ゴルフ!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。