スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ
--/--/--(--)
スポンサー広告

アナログ流 剣道式アドレス法 これでもうクラブに惑わされないで済みますよ!

『剣道式アドレス法』と書きますと、なんだか、アドレスのレッスンみたいですよね?
う?ん
正確に言うと、アドレスのコツというより、クラブの設定…(今回は、ヘッドの向きとグリップの関係でですが…)をより有効的にアドレスに取り入れる方法ということです。

最近、このアドレス方法は、多くのツアープロにもよく見られます。
あの世界で一番ゴルフの上手いあの人もこの方法でアドレスに入っているみたいですよね?
といっても、「アナログ式剣道式アドレス法」とは、まったく動作こそ似ていますが、まったく別の理論でのことだと思いますが…
なので、本当は、このアドレス方法の正式な名称があるかと思いますが…
まぁそのあたりは、アナログ流理論ってことで…
似ていますが、発想は、まったく違うと思います!


ということで、本編の前に!恒例のポチポチしていただけると助かります!

人気ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ

ご協力感謝いたします!

えっとぉ?
まず、「アナログ流 剣道アドレス法」のアドレスの仕方です。

一般的にアドレスに入るとき、クラブフェースの方向を目標に合わせてアドレスを決めるのが一般的方法ですよね?
もちろん、ソールして方向を合わせますよね?
この時に、一度ソールを上げます。
問題は上げ幅ではないですので、どれくらいあげるのかは、個人の好みでいいのですが…

何をするかといいますと、
このソールを上げた時に、クラブフェースの方向を合わせるのではなく、グリップのライン、つまりバックラインを中心にグリップをしましょう!
ということなのです。

???
意味わかりませんよね?

つまりこのアドレス方法は、アドレスをするための方法ではなく、グリップ調整を有効的にいかす方法なんです。

グリップのバックラインってなんでしょうか?
すでにご承知と思いますが、
現在のグリップには、2種類ありまして、バックラインありとなしのグリップ。
バックラインとは、グリップの断面は、丸い形状ですが、グリップの裏側に、スジのように盛り上がっているのは、わかりますか?
簡単にわかる方法としては、片手でグリップを手の中でくるくる回るくらい軽く持ち、もう片方の手でシャフトをくるくるとまわしてみてくださいね!
グリップの裏側に突起があると思います。
なければ、バックラインなしということになります。

昔から、なぜか日本製クラブは、バックラインありが多く、アメリカブランドのものは、バックラインなしが多かったように思います。

なぜバックラインが存在するのか?
日本製の多くアメリカ製には少ないのはなぜか?
ルーツは、不明です。
何かわかったらまた、アップしたいと思っています。

では、このバックラインの存在価値は?
グリップを握ったときの手の断面図を想像してください。
バックラインの位置が、指の第2関節と第1関節のあたりに来ると思います。
グリップが、丸いより、バックラインがあるほうが、より指に密着すると思いませんか?

他にも、効果はいろいろでしょうし、デメリットも存在すると思います。

私のグリップ調整方法は、このバックラインを有効に取り入れます。
グリップを交換する際にこのバックラインを基本に調整します。

詳しくは、以前書きました『軽視されがちなグリップ交換(調整)の重要性について』の記事内に私のグリップ交換手順とグリップの重要性について書いてあります。
まだお読みでない方は、一度目を通してみてくださいね!


記事にも書きましたが、グリップ交換の際に何に対してグリップの方向を決めるのかといいますと、おそらく多くの方は、フェースに対してグリップを入れるでしょう。
レーザー光線を駆使し、フェースの向きとグリップの向きを合わせて装着する最新鋭のグリップ装着機器まで存在する時代ですし…

しかし私が思うには、この方法だと、ヘッドの向きにかかわらず、フェース面に対してまっすぐに入ってしまいますよね?
せっかくヘッドの存在するフェースアングルなりシャフトのアライメントなり…本来、アドレスをしっかり決め方向性を良くするためのヘッドに仕込まれた、デザイナーさんの意図を無視する形になって今します。

しかも、ほとんどの場合が、グリップの表側にラインをシャフトのセンターつまり一番上側に、まっすぐに合わせようとするのが、一般的でしょう…

で!肝心のアナログ流はと言いますと…
ヘッド自体が、どちらの方向を向いているかを判断します。
それに対して、グリップを装着します。
その際に、グリップの上のラインを合わせるのではなく、バックラインを合わせます。

つまり、バックラインを使ってグリップすると、ヘッドの向きとアドレスの向きが、同じ方向を向くように、グリップを装着します。
そうすれば、ヘッドとアドレスが常に同じ方向を向くということの手助けになると思うんですよ。

私は、パーシモンヘッドの職人でしたが、パーシモンヘッドを削っていく際にソールの座りというものは、非常に重要なものでした。
ヘッドに対して・シャフトの入り方に対して、ソールしたときクラブヘッドがきちんと座るのか?
見落とされがちな部分ですが、すごく重要なポイントでした。
現在、クラブは、チタン製に代わりましたが、基本的な部分は同じです。

現在のヘッドって、ソールの形状が、異形なものが多く、座りの悪いものが結構多いと思います。
ヘッドの形やフェースの向きなどきれいに作られているにもかかわらず、ソールした状態で、変な方向を向くものが結構あるように感じます。

で!この「アナログ流剣道式アドレス法」で正しくグリップの位置を決めることにより、ヘッドの向きとアドレスの向きを平行にさせるということなのです。

異型ソールクラブで、ソールしてアドレスに入る場合のもう一つの落とし穴があります。
それは…
練習場などアドレス位置やフィールド場など、四角くぐぎってあれば、クラブの方向も出しやすいでしょう、もちろん打席も限りなく水平に近い場所ですし…
ですが!
ゴルフコースとなれば、仕切りもなければ、方向を示すものもありません。
水平に思えるティーインググラウンドでさえ、微妙な傾きはあるでしょうし、コースに対して必ずしもまっすぐに設置されているわけではありませんよね?
こういう、方向の出しにくい状況の中、狙いを定めその方向へ正確にアドレスをおこない打ちださなければなりませんが、
異型ソールの場合、その座りの悪さからくる微妙な狂いが生じる場合があると思います。
アドレスとヘッドの向きが知らず知らずずれている場合、完璧なショットをしても思った方向へ打ち出すことは、ないでしょう。
もちろんこれは、無意識のうちに起るずれですので、ミスの原因は、アドレスでもクラブでもなく、打ち方のミスであると認識してしまいますよね?
完璧なショットをしているのにもかかわらず、打ち方が悪いから曲がったと認識してしまった場合の結末は?
そう、ラウンド中の即席のスイング改造…
つまり完璧なショットを完璧でないショットに壊そうとしてしまうわけで…
その後、スイングもスコアもくちゃくちゃになるのは、目に見えてますよねぇ?

もちろんウッドだけでないくユーティリティーやアイアンまで同じことが言えると思います。
それに…
原因はソール形状だけにとどまりません…

ヘッドの向きとシャフトのヘッドに対する入り方、
フェースの向きとヘッドの向き…
言い出せばきりがありませんが、こういった総合的な向きがすべて同じ方向を向いていれば問題ないのですが…
そうでないヘッドも結構多いんですよ。
どのメーカーのどの銘柄のクラブがよいとか悪いではなく
同じブランドの同じモデルであっても、この微妙なずれは、必ず存在します。

たとえば、友人のドライバーを借りて打ったら素晴らしかったので、同じものを買ったけど、まったく当たらない…
なんて経験がある方もいると思います。
これも、このあたりに原因があると思います…(もちろん他にも…)

こういう方向のずれたものも先ほどのお話と同じで、アドレスの方向が、微妙にばらつき、完璧なショットなのに、まっすぐ飛ばないという悪の連鎖にはまることがあります。

これをグリップの調整で、多少方向づけを助けてあげるということも可能だと思います。
もちろん!こういったヘッドの場合、グリップ調整だけでは、調整しきれませんので、「クラブの組み直し」も並行して調整することによりかなりヘッドのばらつきを抑えることができるようになると思います。

もちろんこれをすることにより、直るものもありますし、どうやっても絶対無理といったものもあります。
ドライバーのように単品の場合、無理なものは、あきらめもつきますが、
アイアンのようにセット物の場合、たとえば、セットの中の1本だけ他と違う向きをしているなんてこともございます。
こういう場合にこのバックラインを使った調整方法で、他のアイアンとおなじ様に構えられるほうに、してあげるということも可能です。
といってもこの場合、セットでそろったわけではないので、お間違いなく…


ということで!今回の『アナログ流 剣道式アドレス法』は、アドレスの方法というよりは、このアドレス方法ができる調整がしてあるクラブにとっては、効果的なアドレス方法ですよ!
というお話でした。

要するに、グリップ調整は、すごく繊細で重要ですよ!
と言いたかったんですが…
なにか気がつく点がありましたでしょうか???


ん?
アナログ流グリップ調整ができていなくクラブで、『アナログ流 剣道式アドレス法』を試したらどうなるかですって?

おそらく…
かなりしっかりと調整されたグリップでない限り…
色々な方向を向いちゃうと思いますよ…


バックラインなしのグリップの場合は、どうするかですか?
ちょっと高度になりますが、バックラインがあると仮定して、グリップしていただくっていうことになります。
ですので、うちの工房では、バックラインなしグリップは、指定がない限りは、あまりお勧めしていません。
ウエッヂのようにクラブを開いて打つのが前提なクラブの場合、バックラインの位置が開いて構えた時に逆に違和感になる場合があります。
ウエッヂの場合、逆にバックラインなしをお勧めする場合もございます…


あ!ちなみにこのグリップ調整方法の場合、表側のラインは、必ずしもまっすぐではありません。
多少ねじった方向になる場合がほとんどです。
しかしバックラインで、クラブの方向を出すためあまり気にならなくなっていくと思います。
といっても、見るからに変な方向じゃないですよ。
もちろんクラブを構えるにあたってきれいに構えられる方向にラインが出てきますよ!
よりいっそうきれいに構えられるようになると思いますよ(笑)


では、今日もナイスクラブで、ナイスアドレス!ナイススイング!ナイスショットを!



楽天ゴルフで、今すぐ買える!
ゴルフメーカー 一覧
↓↓↓をクリック!




broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ
スポンサーサイト

続!アナログ的コロコロ測定法 ご家庭でも簡単にシャフトの反りや歪みが検出できますよ!

前回大好評頂いた『アナログ的コロコロ測定法』ですが…

あ!まだ読んでない方は、
   ↓↓↓ をクリックしてくださいね!
 『アナログ的コロコロ測定法』

ということでちょっと『アナログ的コロコロ測定法』を簡単におさらいしますと…
シャフトの反りや歪みを簡単に検出するというものです。

シャフトの反りや歪みを検出する計器もあるみたいなのですが、
うちのような吹けば飛ぶようなへっぽこ工房では、到底手が届く代物ではなく…
っていうか…
計器を使わなくても検出する方法が、あればそれにこしたことはないですよね?

それが!!前回記事にいたしました『アナログ的コロコロ測定法』なんですよ!

測定方法は、いたって簡単!
硬い机の上で、シャフトをコロコロ転がすだけで、シャフトの反りや歪みがわかるということなんですが…

今回のお話は、その『アナログ的コロコロ測定法』をさらに進化させた
『続!コロコロ測定法』のお話です!!

本編の前に!恒例のポチポチしていただけると助かります!

人気ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ

ご協力感謝いたします!


ということで、お話を続けます。

「シャフトに反り?歪み? シャフトって曲がっているの?」
はい!
メーカーによっては、新品のうちから反りのあるものが、ございます。

「そんなシャフト、不良品じゃん!」
ええ!
確かに!そうなんですが…
シャフトメーカーさんにそのあたりをお聞きしたところ
「このくらいは、許容範囲です。」
とのことなのですが…
明らかにひどい状態のものもございます。

その許容範囲の定義というものがなく、かなり曖昧な状態で、
メーカー保証もなければ、不良交換もありません…
(昔は、交換してくれてたんですけどねぇ?)

となれば、自衛策をとるしか方法は、ないわけで…
まずは、反り・歪みを検出しなければなりませんよね?
それが、コロコロ測定法なのですが、
前回のやり方ですも反りや歪みの検出は、できますが、今回はより分かりやすく検出できるようになりました!
(ってそんなたいそうなものでもないんですが…)

あ!
ただ、測定方法は、ヘッドやグリップのついていないシャフトだけの状態でなければ、できませんよう…

基本的には、前回『アナログ的コロコロ測定法』と同じです。
変わったのは、下の写真のように、シャフトのチップ側(ヘッド側)に定規など平らなものを置きその上を転がすようにするということだけです。


写真のように硬く平行なものにチップ側をのせてシャフトを傾けた状態で転がしてみましょう。
反りのないものは、そのまま普通に転がります。
シャフトに反りがあるものは、ゴロン…ゴロン…といった感じで中心のずれた転がり方をします…


ここまでは、前回と同じなのですが、
シャフトのチップ側を傾けたことにより、反りがある場合、反りかえった部分で止まります。
こうすることにより、反った部分が、比較的簡単に検出できます。

そのシャフトが変な動きで止まった方向をマジックなどで、チェックを入れて、バッド側からチップ側を見てください。
シャフトが反っているのが、見えると思います。

見えないですか?
まぁ?その程度の反りなら許容範囲だと思って、そのまま使っても大丈夫かと思います。
中には、明らかに目で見て曲がっているものもあります。
それでもメーカーさんは、許容範囲といいますが・・・

何と言っていいものか…

ということで、検出された反りを どうするか?
ということになりますよね?
目で見てわからない程度のものであれば、先ほども書きましたが、そのまま使います。
実際にその程度であれば、影響もないと思いますし。そこまで神経質に、完璧なものを求めるとなると…
シャフトメーカーや種類にもよりますが、かなりの本数の中から選び出さなければならないわけですし、仮に1セット分選び出したとして、そのセットの内での他の数値(たとえば、振動数だとか硬さだとか…)それを言い出すと、かなりの本数の中から選び出さなければならないことになるでしょう。

もちろん、その程度の反りやバラツキなら、実際クラブに組み込んで、打ってみて違いが体感できる程ではないと思います。
それにシャフトとヘッドの差し方にもよりますが、ヘッドへうまく装着してあげれば、使っているうちに直っていくというか、なじんでくるものもありますので、そこまで神経質にならなくても大丈夫かと思いますが…

が!しかし!!
中には、目で見て明らかに曲がっているように見えるものもございます。
これはやはり、問題ありです!
明らかに曲がっているわけですもんね?
さすがにそれを使うわけにはいきませんよねぇ?
(といってもシャフトの反りを検出せずそのまま使っているメーカーさんや工房さんも多いと思います。)

こういった明らかに曲がっているものは、昔ならメーカーへ返品交換だったのですが、最近は、交換し応じてもらえない場合が多くなってきました。

「んじゃ!どうするんですか? 内緒で使っちゃいますか?」
もちろん!
そのまま、使うわけにはいかないですよね?
さすがに、うちの工房では、はねちゃいます。
新たに、新品を取り寄せるということになります…
それをお客さまにご負担いただくわけにもいかず…
仕方なく…
自腹です…
まったくぅ??

新品のシャフトの場合は、ひどいものは、はねしまってよいものだけで組んでしまえば、より精度の高いクラブをくみ上げることができるわけなのですが…
問題なのは、最近、うちの工房でも人気の、クラブの組み直し!の時はどうするのか?

クラブの組み直し!ってなに?
簡単に組み直しを説明しますと、大手メーカーさんなどのクラブを一度ばらして、もう一度アナログ流にクラブを組み直すということなのですが…

詳しくは⇒、必見!アイアンセットの組み直し!をご覧ください。
(もちろんウッドも同じなんですけどね?)

ありがたいことに、最近この組み直しが、「クラブが打ちやすくなった」とか…
大変ご好評をいただいておりまして、うれしい限りでございます。

この組み直しの時にも、シャフトの反りを検知しなくてはいけないわけなんですが…
もちろんひどくまがったものは、交換になりますが、
反りと呼ばれる程度の曲がりについては、できるだけ交換は避けたいんですよ。

なぜかというと、せっかく使い込んで、お使いの方の癖がついたシャフトを新品にしてしまいますと、自分色に染まった癖まで、リセットしてしまうわけで…
ウッドのような、単品ならまだ許せるかもしれませんが、アイアンのような、セット物だと、同じシャフトを使ったとしても、交換したシャフトだけは、まったく違ったシャフトになってしまうわけで…
このシャフトが他のシャフト同様なじんでくるまでには、そうとう時間がかかるわけですよね?
なので、できる限り、オリジナルのシャフトを使いたいわけなんですよ。

この場合どうしたらいいか?といいますと…
この反りを直してあげる方法しかありませんよね?

「簡単にいくんですか?」
いかないですよぉ?
作業的には、簡単ですが、直すとなると相当難しいです。
下手にシャフト曲げちゃうと、変な曲がり方してしまったり…
S字に曲がっちゃったり…

まぁ!このあたりは、アナログ流なんですけどね?
なんとか、うまく使えるようにのばしてあげなくっちゃねぇ?

なので!よい子は、絶対まねしないでね!
もちろん悪い子も!
かなり繊細なタッチが必要です!
なんて…


今回もめっちゃ長くなりました…
もうひと頑張りです!!

「ってまだ続くんかい!」
ええ!
だって、肝心なことがまだ書かれてないでしょ?

反りを検出して、使えないものは、使わない!
組み直しの時は、できる限りオリジナルを使いたいので、直して使う

ってここまでしか説明してないでしょ?
あ!
長々と書きましたが、たった2行で、すべて説明ついているような???

まぁいいや!
続けます…

許容範囲程度の反りの場合は、使いますがその場合の注意点だけ最後に書いておこうと思います。

正確には微妙に違うんですが、わかりやすく言うと…
実は、このシャフトの反ったところって、シャフトの一番硬いところと柔らかいところなんですよ。
かたい部分が柔らかいほうへ反っていってしまっているって表現方法が一番わかりやすいかと思います。
(何度も言いますが、実際には、微妙に違いますよ…)

もちろんスチールとカーボンのよっても違いますし、シャフトによっても違いますので、すべてそうというわけではありませんが、シャフトのスパインを検出する計器で計ってみますと、コロコロ測定法2で止まったところ、この方向が一番硬くでる場合が多いです。

コロコロ測定法2=スパイン検出
というわけではありませんが…
シャフトの反りとスパインは、密接な関係がありそうですね!

ですので、シャフト装着時には、シャフトの反りとスパイン検出によって出たデータを照らし合わせて、より適切な方向で、シャフトをヘッドに装着する方法を考えれば、より扱いやすいクラブになるんじゃないかと思います。

シャフトに関しての計測器を使わずに、個人で、シャフトの装着をされている方も多いと思います。
このコロコロ測定法2で検出したデータを参考にシャフトを組んでみてはいかがでしょうか?
やらないよりは、やったほうがいいかな?って思いますが、いかがでしょうか?


あ!最後に!
ほとんどのクラブは、シャフトの細かなデータ取りなしに組み上げてあると思います。
シャフトは、すべて均一ではならないというルールの下に作られていますので、どの方向で装着しても問題ないですよ!
出なきゃルール違反になってしまいますし…
(ちょっとルールが変わりつつあるのも事実ですが…)

まぁ今回、ご紹介した方法は、より細かな誤差を検出しそれをクラブ組み立てに役立てようという試みです。
ご興味のある方は、一度お近くの工房さんをお尋ねになってにみてはいかがでしょうか?



では、今日もナイスクラブで、ナイススイング!ナイスショットを!


USツアー使用率No,1!エボルブティー

1本からでも送料込みで買える!
まさに価格破壊!!
極限まで抵抗をなくし「93%摩擦抵抗カット!」最大飛距離と方向安定性を実現!
最大の特徴として 100%天然素材を使用!
折れたティが飛んで行ってしまっても数ヶ月で土にかえるスグレモノです。

あのマスターズトーナメントが開催される事で有名なオーガスタ ナショナルでも初の公式ティに選ばれるなど 自然にやさしい点が着目されているようです。

「アニカ ソレンスタム」「ポーラー クリーマー」「アーニーエルス」などビックネームが挙って使用しているのは 自然に対する尊敬と「エボルブ」の性能によるものではないでしょうか!

USツアー使用率No,1!エボルブティー
1本41円送料・消費税込み!
詳しくは↓↓↓をクリック
USツアー使用率No,1!エボルブティー
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ

必見!アイアンセット組み直し!既製品クラブが、オーダーメード風味に生まれ変わるかも!

最近、ありがたいことに、クラブ…特にアイアンセットの組み直しのご相談を多くいただきます。
「組み直し」とは何かとといいますと…
私のもう一つのブログ「クラブ職人の休憩室」に以前書きました。
ありがたいことにすごく反響をいただきましたが、文字だけの記事でわかりにくいかと思い、今回は、写真入りで、説明しようと思います!
といっても、作業しながら写真を撮るのは、非常に困難だったので、こんな感じ?ってイメージ写真ってことで…

以前書きました「組み直し」記事は、「ゴルフクラブ・アナトミー(解剖学) 」をご覧くださいね!

じゃ!本編に入る前に…
毎度恒例の ポチポチタイム!

ぽちっ!ぽちっ!っと二回ばかりご協力を!

人気ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフブログ

ご協力感謝いたします!
では、本編です。

今回モデルになってもらったクラブ君は、この方です!!


ブリヂストンTOURSTAGE(ツアーステージ)X-BLADE GR
クラブについての詳しいスペックは、↑↑↑の写真をクリックしてくださいね!



ツアーステージ(TOURSTAGE) NEW X-DRIVE フェアウェイウッド
クラブについての詳しいスペックは、↑↑↑の写真をクリックしてくださいね!


というわけで、さっそくオペ室に…
ちなみに彼は、まだ新品なんですよ…


まずは、ヘッドを抜きましょう!

こんな感じで、バイスにはさんで…
ちょっとわかりにくいですが、バーナー等でヘッドとシャフトの接着部分に熱をかけましょう!!

注意!!熱をかけ過ぎないようにしてください!
ヘッドやシャフトに、熱が入るすぎるとパーツの性能を落とすことにつながります。
他にも、メッキの表面を変色させてしまったり、バックフェースに張り付けられたエンブレムを溶かしてしまったり…
ソケットを燃やしてしまう原因になったり…
といっても最近のソケットは、燃える前にとけちゃいますが…
理由は、ソケットの製造工程にあるんですけどねぇ?
その話は、またの機会にしてっと!

ヘッドをバーナーであぶるのは、けっこう火の加減が難しいので、
「良い子は絶対まねしないでくださいね!」もちろん悪い子も!
なので!ヘッドをあぶる時は、プロの方もアマチュアの方も、ヒートガン(工業用のドライヤー)を使用してくださいねぇ?

はい!こんな感じぃ?


次は、シャフトをばらしちゃいましょう!!
まずは、この金歯みたいにシャフトの中でキラッと光るニクイ奴!をはずしましょう!

こいつは何かと申しますと、スイングバランスを調整する(整える)ために、ヘッドの重さを調整するウエイトなんです。

どういうことかと言いますと、確かどこかに書きましたけど、
クラブのスイングバランスを合わせる方法として、大手メーカーの場合、一日に大量に生産するので、1本づつ計りながらバランスを出すと効率悪いしちょっとした専門的知識も必要になってくるので、誰でも簡単にバランスを出せるように、マニュアルがあるんですよ!
画期的!かつ合理的!でしょ?

たとえば、この番手のヘッドは、規定値は、何グラムで、足りない重さは、この金歯みたいなのを入れて調節するわけなんですよ?
そうすれば、すべてピタリと同じ値で、出来上がる!
すごい!

でもね!
ちょっと考えてみてくださいね!
確かに、規定値になるように足りない重さ分のお守りを入れたら重さはそろうわけなんですけど…
シャフトやグリップにも重さやその他のばらつきがあり、ヘッドの重さをそろえただけでは、微妙にバランスは、ずれるんですよ。
他にも、シャフトの長さやこのウエイトを取り付けるための接着剤の量でも微妙にバラツキはでます。
それより!
ネックの中が重くなることにより、シャフトのしなりや重心の位置も微妙にバラツキができます。
それと一番変わってしまうのは、体感の重さやしなり方というのが大きく変わりますので、非常に厄介なものなんですよ?

まして、アイアンは、単品で使うものではなくセットで使わなければいけないものですから…
このバランス調整方法だとセット内のバラツキは、バラバラになってしまいますもんね?
あ!言い方かえると、セットとしての統一はせれてないですよ?ってことになってしまいますが…
ま!だからこの「組み直し」なんてことが必要なわけなんですが…

断っておきますが、
よく、ブログやホームページで、このネックの中でバランス調整をする方法は、「悪の根源!百害あって一利なし!」なんて悪者扱いされていますが…
このネックの中でウエイト調整すること自体が、悪の根源というわけではなく、この調整方法で、タイミングなど体感的な部分の調整やネック側を重くする設定(ちょっと表現の仕方に問題がありますが…)にしたい時などに使う場合もあるんですけどね?
現に、ツアープロでもこれを利用している方は、多いはずです。

ただ!アイアンセットの中のバラツキをなくすためには、この調整方法は、あまりよろしくないというところなんですけどね?
じゃどうすればいいの?
ってことになりますよね?
それはこの後組み立ての時に説明しますね!

こんな感じで、金歯クンとソケットもはずしてしまいました。


次に、グリップを抜きましょう!

こんな感じで、注射器で、ホワイトガソリンを入れて…
下巻きテープとグリップをはずします!
最近、注射器や注射針は、入手不可能なので、この方法を使っている工房さんは、少なくなってきたと思います。
それに…
最近のブリップって昔のものと材質が変わってきたので、抜きにくくなったせいもありますが…
最近は、エアーポンプを差し込んで空気の力で抜くのが、スタンダードです。
私は、採用していませんが…
なぜ使わないかというとぉ?
注射で抜いた方が、きれいに抜けるんですよぉ?
たぶん…

もちろん空気で抜く機材はそろっているんですけどねぇ?
そのうち使ってみよっと!

で!こんな感じでバラバラにばらしてしまいましたぁ?
新品なのに…


これから組み立てになるのですが、その前に各パーツをきれいにしましょう!
でなきゃばらした意味ないですもんね?

まずは、シャフトの中をきれいにしてっと!

さっきの金歯クンことバランス調整用のウエイトを接着してあった接着剤がたくさんシャフトの中に残っていますので、それをこんなかんじで、ドリルで、きれいにしていきます。

シャフトのヘッド取り付け部分もきれいにしてっと!


注意!!
写真のようにカーボンシャフトの場合、
グラインダー等で、削るとシャフトを削り過ぎたりする恐れが、ありますので、細心の注意が必要です!!
絶対によい子はまねをしないでくださいね!悪い子もまねしちゃだめよ?

ヘッドの中もきれいにしましょう!



注意!
こんな感じで、ボール盤を使う場合は、非常に危険です。
よい子は絶対まねしないでね!
でないと指吹っ飛びます!

それと、シャフト装着部分の穴が、ゆがんでしまう場合がありますので、ネック内をいじる場合は、細心の注意が必要です!


では!
バラバラになったところで、組み立てに入りましょう!

まずは、シャフトのスパインを計測します!

こんな感じで、計測器にのせてシャフトをしならせます。
シャフト自体は、ルール上しなる方向により硬さの誤差があってはならないことになっていますが、実際にはやはりござは、存在します。
詳しくは、「スパイン調整ってなに?」に書いてありますので、まだ読んでいない方は、一度目を通してみてくださいね?

おいおい!
計器を使わないアナログクラブフィッティングじゃなかったんかい?
って聞こえてきそうですが…
もともといっさいの計器を使わないというわけではないんですよ?
自分の理論に必要なものであれば、どんどん取り入れていくってことなんですけどね?
実際にシャフトを計ってみると(特にスチールシャフト)相当しなりや硬さに誤差があります。

カーボンシャフトにも当然ありますが、うちの工房で取り扱っているものは、許容範囲のものが多くそう神経質になるほどの誤差は、ありません。
むしろ、シャフトのデザインやロゴが、変な方向を向いてしまいビジュアル的に醜くなる方が、気になると考えてます。
もちろん、指定があれば、スパイン調整いたしますよ!

ということで、このスパイン検出は、かなり重要なことだと思います。
といっても、大手メーカーをはじめ、シャフトメーカーもこのスパイン調整には、あまり触れないんですよね?
なぜかというと、「めんどくさい」からでしょう!
なんて…
うそ!
でも、半分あたっているでしょうね?
このスパイン検出するという作業工程が、入るだけで相当工程と時間が必要になりますからね?

それに!
あまりこの部分を大きくうたってしまうと、ルールに触れる恐れがあるからでしょうね?
もともとルール上、シャフトは、均一であって誤差があってはならないものなのですからね?
あってはならない、ものをわざわざ自分から
「ありますよ。」
なんて言わないでしょ?

実際、何年か前にそういうシャフトあったんですよ。
最初は、暗黙の了解で、シャフトのグリップ側にマジックで線が引いてあり、その線を上にしてヘッドを装着するように!って感じだったんですが…
やはりどこからかクレームあったのか…
いつの間にか、マジックの線引きは、なくなっちゃいましたけどねぇ?

で!
スパイン検出が終われば、いよいよ組み立てるわけなのですが!
残念ながら写真がないんですよ!
作業しながら写真を撮るのは、困難だったので…
また、次回、誰かにカメラマンをしてもらってつづきをアップしたいの思います!

なので、写真をみたい方は、
以前、コブラ君が、うちの工房で、リシャフトした時の記事をリンクしておきますので、よかったら見てくださいね?
「全ゴルファー必見! リシャフトリポート! 」

ということで、この後の作業は、以前書きました「組み直し」記事は、「ゴルフクラブ・アナトミー(解剖学) 」をご覧くださいね!

ってなんだか、尻切れな記事になってしまいましたが…
今回何が言いたかったといいますと!

使い込んだクラブならまだしも、なぜ!新品のクラブをこの「組み直し」するのか?ということなんです!
やはり、疑問に思われる方が多いと思います。

なぜかというと、理由は、かんたんです。
クラブ自体が、きっちりと組み立てられていないからです。

あ!
いい加減に作ってあるという意味じゃないですよ?
おそらく、一生懸命作ってあると思います。
っていうか、
せっかくお金出して買うわけですから、そうでなくては困りますもんね?
どういう意味かと申しますと、
ウッドにしてもアイアンにしてもなのですが、
ヘッド、シャフト、グリップとパーツ単体にしても、同じものであっても微妙に違いはございます。
ましてや、アイアンのように複数本で、1セットとなるようなクラブを、1セット単位で作らず、1本づつ作ったクラブを1本づつ寄せ集めて1セットにしているんですよね?
これでは、デザインなどはおなじでも、セット単位での統一性は、やはり不十分ですよね?

だから、一度ばらして、「組み直し」をするんですよ。
そうすることによって、セット内のばらつきをできるだけなくしてあげることができるんですよ。

じゃ!「組み直し」をしたら完璧?
まさか!
完璧とまでは、いきません!
出来る限り統一性を持たせてあげて、最大限打ちやすいように、調整してあげる
って感じでしょうか?

もちろん!「組み直し」するだけで、すごくよくなるクラブセットもあります。
どうやってもそろわないクラブも当然ながら存在します。
やはりセットなので、そのクラブだけ無視をするというわけにもいかないですよね?
そういう場合は、他のクラブと統一性があるように見えるように誤魔化してあげるんですよ。
このあたりが、アナログ流の最大奥義なのですが…

どう誤魔化すかは、内緒!

ではないのですが…

文字であらわせない部分も多いし、色々なケースがあるので、一言では、言い表せません!
どうしても知りたい方は、一度「組み直し」に来てみてくださいね!
「あなたのクラブは、ここをこうして…ああして…こうなりましたよ?」
なんて…
くどいくらい説明させていただきますよ!
機嫌がよければですが…

では!完璧なクラブはあるのでしょうか?
う?ん
ないでしょう…
ではどうすればいいのか?ということになりますよね?
やはり、自分に合ったクラブでなおかつ、きれいに組まれたクラブをお探しの場合は、しっかりした信頼のおける方にご相談するのが一番でしょうね?

そのあたりのお話は、また今度!
では!今日も!
ナイスクラブで、ナイススイング!ナイスショットを!



ブリヂストンツアーステージ NEW X-BLADE GR


高弾道でピンを狙う、精悍なキャビティモデル
ツアーステージ NEW X-BLADE GR
ヘッド素材・製法: 軟鉄鍛造(レーザー溶接)
グリップ: ゴルフプライド社製 ツアーベルベットラバー(バックライン有り)TSロゴ入

●アンダーカット構造のポケット型+キャビティによる深重心設計で高弾道の大きな飛び。
●トゥ&ヒール重量配分で高慣性モーメントを実現。打点がバラついても飛距離が安定。
●トップブレードをやや厚めに設計。フェースを大きく見せる効果で安心感を向上。
ブリヂストンツアーステージ NEW X-BLADE GR
について、詳しくは、写真をクリック!

broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ

アナログ流クラブフィッティング 坊主頭の方程式

今回は、坊主頭の方程式のお話です。

現在お使いのクラブを調整に、初めて来店されたお客様に、私が、決まってお話しするのが、この「坊主頭の方程式」のお話です。

ブログ仲間のコブラ君が、来店した時にもそのお話をしたんですが、彼なりの解釈で、記事にしてくれました。
詳しくは、こちらをご覧ください!⇒ purplecobraのリシャフトリポート!

じゃ!本編に入る前に…
毎度恒例の ポチポチタイム!

ぽちっ!ぽちっ!っと二回ばかりご協力を!

人気ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフブログ

ご協力感謝いたします!
では、本編です。

以前、ゴルフクラブ・アナトミー(解剖学)でも書きましたが、大手メーカーの場合、製造工程上、必ずこのバラツキは、存在します。
このバラツキをいかに統一されたセットに仕上げ直すかを 説明するためにたとえとしていつも使うのが、
「坊主頭の方程式」ということなんですよ。

つまり、
理髪店で、頭を「丸刈り」にする場合、
おそらくバリカンで借り上げていきますよね?

たとえば、5mmなら5mmのバリカンで、すべてを刈ってしまえば、それでOKなんですよね?
でも!
人間の頭というのは、風船のようにまん丸じゃないですよね?
どこか凹んだ人もいれば、出っ張った人もいます。
もちろんくせ毛の人もいます。

となると、単純にバリカンで借り上げただけでは、
仕上がりは、凸凹になるわけで…
きれいに丸く仕上がらないと思いませんか?

ここは、理容師さんの腕の見せ所でしょうね?
「歪んだ頭を丸く見えるように刈上げる!」

もちろん坊主頭でなくても同じことですよね?
美容師さんでも、同じことが言えるでしょう。
何となく言いたいことはわかりますよね?

ゴルフクラブも同じなんですよ!
単品であれ、アイアンのように何本かのセットであれ、必ず、バラツキがございます。
もちろん、限りなくバラツキを出さないように作る方法もありますが…、それはまたの機会にして…

このバラツキというものをできる限り、修正してあげて、各番手同じようにアドレス出来るように整えてあげたり、同じタイミングで打てるように整えてあげる必要があると思うんですよ。

何となく、理解していただけましたか?
もちろん必ず調整しなければならないとは申しませんが、私的には、調整することをお勧めいたします。
中には、調整しきれないものもある場合がございますが…

で!肝心の調整方法は?
という話になりますよね?

調整方法は、また長くなりますので、今回は、ここまでにしたいと思います!
って!中途半端やなぁ?


では!今日も!
ナイスクラブで、ナイススイング!ナイスショットを!





今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ?す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 


内藤雄士推奨 パーフェクトローテーション

内藤雄士推奨 パーフェクトローテーション
「パーフェクトローテーション」は3つの要素について、とくに大きな効果を発揮します。
これらは、ゴルフの上達には欠かせない要素であると同時に、アマチュアゴルファーがなかなか習得できない動作なのです。
1、正しいグリップバランスが身に付く!
グリップによる左右の腕のバランスを均一に保てるだけでなく、両ひじの位置を水平にキープできます。
2、腕の正しいローテーションをマスターできる!
本体上面部分と胸を正対させたままスイングすることで、腕の正しいローテーションが行えます。
3、体のターンと腕の振りを同調させたスイングできる
アドレスからトップスイング、ダウンスイングからインパクト、フォロースルーまで、本体から右腕
を離さずにスイングすると、腕の振りと体のターンを同調させながらクラブを振る感覚がつかめます。



ブログパーツ
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ

アナログ的クラブフィッティング! 初めての方の場合

前回の記事「アナログ的クラブフィッティング!常連さんの場合」に引き続き、今回は、初めての方が来店した場合は、どのようにデータを集めるのでしょうか?
というお話です。

え?っとぉ?
まず、初めての方で多いのは、
「自分の体力や技量に合わせてクラブを作ってくれる店」
「自分の理想とするクラブを作ってくれる店」
と、思って来店されるわけなんですよね?
当たり前ですが…

そして、当然なのですが、
クラブをオーダーメードすれば、自分にぴったりのクラブが、間違いなくできると思って見えますよね?
そりゃそうでしょうね?
そういうふれこみなんですからね?

普通なら、ここで、ヘッドスピードなり、何なりと先進技術の詰まった計器が登場して、
「あなたのスイングは、こんな感じのデータです。こういうデータの方には、こういうクラブが、ぴったりです!」
という流れになるのが、普通なんでしょうね?
で!そのデータ上の数値にピッタリなクラブを注文する…
こんな感じの流れでしょうか?

データ通り作られたクラブなら、お客さんも納得するでしょうしねぇ?
めでたし!めでたし!

っておいおい!お話が、終わっちゃったよ?

えっとぉ?
最初に断っておきますが、
データなんて当てにならないとか、データ通りのクラブが、実際には全然合っていないってお話じゃないですよ?
データは、データで参考にしてそれに合わせたクラブを作る。それも一つの方法だと思います。
決して否定するわけじゃないですよ?

私の場合は、その方法が、少し…
まったくかなぁ?
違うわけで…
もちろん私はこの方法が、ベストだと思っていますが、おそらくほとんどの最新式の計器を使って、クラブフィッテイングをされている。方々からは、
「時代遅れ」とか「計器におけ根かけられないだけだろ?」とか…
中には「嘘っぽい」なんて声も聞こえてくるでしょうねぇ?

私自身も古いやり方だと思っていますよ。
お客さんを騙くらかすには…
あ!失礼!
お客さんを納得させるには、最新の機械を使って最新のデータを提示した方が、早いって思うんですけどね?
おそらく私の方法は、最新のクラブフィッティング理論からは、遠く後れを取っているように映るのがオチだと思います。

なので!
初めて来ていただいた方で、興味本位で来店された方は、この時点つまり計器が、何もない時点で、拒否反応を示される方が多いです。
まぁ?
当然の結果でしょうけど…
これは私にも、反省する点はあると思いますけどね…

まぁ!それはそれとして、
では、その最新のクラブフィッティングから相当遅れている…とされている私のデータ取りは、どうするのかを説明します!
(やっとかよ?って声が聞こえてくるくらいひっぱちゃいましたが…)

まず、ゴルフを初めてされる方の場合…
この場合、ゴルフスイングに関してのデータは、まだ白紙状態なので、
「初心者さんならこんな感じのクラブがお勧めです。」
といった感じでしょうか?
スターターキット的なモデルの紹介から入ります。

スターターキットとは、どういうものかというと、
構えやすく、タイミングの取りやすいクラブという感じでしょうか?
「まずは、この組み合わせのものを使えば、上達の近道ですよ?」
といったものをお勧めします。

なぜかというと…
ゴルフを始めてされる方が、一番、欲しいものってなんでしょうか?

ブランド名?
こだわりのパーツ?
飛距離?
スピンの効くウエッヂ?

おそらく、これからはじめる方にとって
そんなのまったくわからないのですから、
そんなものは求めてないと思うんですよ。

初めてゴルフされる方が求めるものってやはり、
「安心」
じゃないですか?

このクラブを使えば、絶対きれいに構えられる。
まっすぐ飛ぶように作ってあるクラブだから、まっすぐ飛ぶ!
という「安心」が欲しいんだと思います。

そうすれば、
このクラブを使って、上手く飛ばないのは、自分のせいだ!
だから、
このクラブで、まっすぐ飛ぶように
このクラブできちっと当たるように
練習しなくては!
という、事になるわけですよね?

当然、身長や筋力、年齢的なものも考慮します。
その方法は、
何もアドバイスなしに、とりあえず、うちの試打打席で、自由にボールを打ってもらいます。
それだけです!

後はそれをみて、私の中でイメージを作り、その方に合うようにパーツを選び、組み立てていくという感じです。
それだけ?って聞こえてきそうですけど…
それだけです!

だって、ゴルフの打ち方どころか、グリップの握り方も、知らない方のデータを数字にして意味がないわけですよね?
それより、その方のクラブさばきや力のかけ方、その他いろいろと目に焼き付けて、そのイメージをクラブという形にしていった方が、効率的ですよね?

信じられない?
う?ん
すべての方が理解してくださるとは、思っていませんが、
おそらく、この時点で、信じていただけない方は、
私のアナログ的クラブフィッティングでは、良いクラブを作れないと思います。

あぁ?
今夜も長いお話で…
おそらく、ここまで読んでくださった方は、かなり少ないでしょうね(笑)
まだまだ続きますよ?
準備はいいですかぁ?

っと!その前に!
ぽちっ!ぽちっ!っと二回ばかりご協力を!

人気ブログランキング
にほんブログ村 ゴルフブログ
ご協力感謝いたします!

はい!つづき!

では!
クラブを新調しようという方、つまりゴルファーの方はどうするか?
やはり知りたいのはここからですよね?

色々方法は、ありますが、
まず、現在使っているクラブを見せていただきます。
お使いのクラブに中には、たくさんの情報が、入っています。

たとえば、
ソールやフェースについた傷
グリップの指の跡…
などなど

それと
クラブの持つ、ポテンシャルっていうのかなぁ?
このクラブは、こんなヘッドで、こんなシャフトで…
などなど

まぁ
普通なら数字で表すんでしょうけど、数字や言葉では表せない部分もありますので…
を組み合わせてだいたいイメージ作るんですよ。
その方のスイングとか癖とかを…
だいたいですが、遠からずあっていると思いますよ(笑)

その後、
ご自分のクラブで、試打場で実打してもらいます。
それでだいたいのイメージは出来上がり!

あとは、
ご本人の自分のスイングは、どういう癖があるとか、
どんなイメージで打っているとか…
クラブの好みはどんなんだとか?
今回どんなクラブがほしい?とか

直接ご本人の自己イメージを聞かせていただいて、
その自己診断で得た情報と私の目で見た情報すべてを総合して、ご本人に、私の意見をお話しするんです。

それでだいたい出来上がったクラブのイメージを元に、パーツを選び、クラブの作成に入るっていう流れです。
なので、計器で測る部分ってほとんどないんですよねぇ?

やはりこういうやり方って変ですか?
立派な機械で計って、データだして、データ通りのクラブを作った方がいいですかね?
もちろん作れと言われれば、作れますが…
それが、お客さんにピッタリとできるとは思えないんですよねぇ?
それになんだか、無機質で、温かみを感じないんですよ?

あ!最後に、一番重要なことをお話ししておきます。
他の工房さんは、最新の計器を駆使して、使う方に、ぴったりフィットしたクラブを一発で製作してくださると思います。

が!
私の工房では、
初めての方の場合、1回でピッタリなクラブに仕上がる!
なんてことは、絶対言いません。
あ!
ありえませんといった方が、正解かな?

理由は、
やはり、お使いになる方が、人間で、お使いになる場所が、自然の中、だということです。
スイングやタイミングは、日に日に変わっていくものですよね?
たとえば、季節によっても、スイングも違えば、気温によって、クラブやボールの硬さも変わるわけですし…
もちろん、練習すれば、上達しますし、
練習サボれば、下手にもなるでしょう…
ジュニア君たちは、成長もしますし、おじさんは、老化します…

だから、一度でぴたっと自分に合うクラブが、出来上がる
もしくは、
自分にぴったりと合ったクラブを一発でお探しの方は、アナログ流クラブフィッテイングでは、無理かもしれないです。

使われる方や季節の変化によってクラブも微調整、時には、大手術も必要だと思います。
もちろん、私の工房で、手を加えた以上、最後まで責任を持って、お手伝いさせていただきます。
長く、お付き合いをさせていただける方でないと
このアナログ拳法…
じゃなくてアナログフィッティングは、ご理解していただけないと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
なにか感じるものがありましたらと思います。
お気づきの点がございましたら、コメントまたは、質問箱への投書を頂けると幸いです。

では!今日も!
ナイスクラブで、ナイススイング!ナイスショットを!




今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ?す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 


オールド・コースのクラブハウスで売られている唯一のビール。
セント・アンドリュース(6本入り)

セント・アンドリュース(6本入り)
容量:: 355ml
アルコール度数: 4.6度
通常発送時期
(土日、祝日を除く)
ゴルフの聖地、ゴルフ発祥の地として有名なあのセント・アンドリュースのクラブハウス・ビールです。
オールド・コースのクラブハウスで売られている唯一のビール。
しっかりしたボディ、オーセンティックな味わいが特長のエールビール、ぜひ一度おためしください。



ブログパーツ
broncos@クラブ職人のメインページは、こちらから!
ゴルフクラブのメカニズムは勿論!
面白ゴルフ体験から、業界裏話まで!
内容盛りだくさんのブログです!
是非ご覧ください!!
クラブ職人の休憩室

今日もお願いのナイスショットで、ランキングにご協力を!お願いしまぁ~す! なんて…
 にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ 
 

ブログパーツ


Page Top↑

気になるサイト

訪問者数:
現在の閲覧者数:

楽天ゴルフ市場で、
お買いものしませんか?












お勧め情報




DVD、CDをオンラインでレンタルしませんか?DVD・CD オンラインレンタルのぽすれん・DMM 徹底比較!
まずは、こちらをクリック!

ネットで借りてポストで返す、オンラインDVDレンタル ぽすれん
ぽすれん

11万タイトル突破!1枚180円からレンタル可能オンラインレンタルならDMM
DMM.com DVD&CDレンタル等の総合サイト

思い通りの動作をプログラム出来る2足歩行ロボットいりませんか?


ゴルフ場レビュー

掲載 ゴルフクラブのメカニズム

ゴルフボールのメカニズム

必見!アナログ流クラブフィッティング理論

ゴルフのコツ教えます!

初心者・中級者の方、必見!我流ゴルフのコツ教えます!

アドレスのコツ
アドレス時の目標設定のコツ
パットのコツ
パットのコツは、アドレスにあり
練習なしでパットが上手なるコツ
練習のコツ
簡単にできるスイングチェック法
ヤード表示板に騙されるな

ゴルフの歴史

ゴルフこぼれ話

ゴルフに役立つアイテム

掲載 ルール一覧

掲載した規則の一覧です。
掲載規則一覧


2008年規則主要な変更点です。
08年規則主要な変更点

ゴルフクラブ
SLEルール
ドライバーのフェース
クラブのアライメントその1
シャフトのデザイン
クラブフェース
ゴルフボールのルール

全般
アドバイス
動いたとみなされる球
ルースインペディメント
プレース
リプレース
グリップにハンカチを巻きつけた
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
プレイ中クラブの補充ってできる?
アマチュア資格規則

ティーグラウンド
ティーインググラウンド
プレイ中ヘッドに鉛を貼った
同伴者にハザードの位置を聞く
ティーの長さって決まりがあるの?
暫定球のルールいろいろ

フェアウェイ
ロストボールになってしまったら
ボールが誰のか確認できない
打った球が別の球にあたった
打った球が共用のカートにあたったら?
打った球が共用のカートに載ったら?
打った球が共用のカートあたってからキャディーにあったたら?
打った球が同伴競技者の動かしている共用カートにあたっら?

ラフ
球が地面にめり込んだ

バンカー
バンカー内にクラブを置いた
バンカーレーキの置き場所
バンカーレーキのトラブル

ウォーターハザード
生えていた草にクラブが触れた

グリーン
旗竿に関するルール
旗竿に関するケーススタディー
「私の足をねらってください。」これって違反?
ボールマーカーって何でもいいの?
カミロ・ビジェガスの決めポーズ

ゴルファーズコミュニティー

ゴルファーがゴルフファーによるゴルファーのためのコミュニティー開設!
参加者募集!みなさんぜひ参加してくださいね!
ゴルフクラブやルール、ゴルフ場のレビューやゴルフの面白エピソードなどなど、質問、ご意見、独り言、などなど!どんどん書き込みお願いします!
ゴルフ!ゴルフ!ゴルフ!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。